読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊り出す世界、またはスケルトン

これは ラブライブ! Advent Calendar 2016 16日目の記事である。
昨日はpsycommu_GGさんの楠田亜衣奈にさよならをでした。
愛溢れる記事で面白く読ませて頂きました。
明日はtondolさんです。
くっすん記事に挟まれた私の今日はややスピリチュアル。
 
 
 
◇始めに
私がラブライブを初めて知ったのは、かなり昔にTwitterで流れてきた何枚かの画像だが、その頃は全く興味を持たなかった。
 
それから何年か経ち世間での人気も高まってきた頃、2期の再放送があったので、試しに見ることにした。
 
そして私は出会ったのだ。
 
 
 
彼女達のダンス」に。
 
ストーリーの内容よりも、OPのダンスに引き込まれてしまった。
EDではマラカスを一心不乱に振っているあの子に見入ってしまった。
 

 

そして2期を全て見た私は、彼女達が色鮮やかな世界で踊り出すのを感じたのだ。
 
 
ダン
ラブライブ!μ's Live Collectionは買って堪能しました。
 

 

μ’sμ’sの曲(またはAqoursAqoursの曲を)完璧に踊ってくれるのはそれはそれは素晴らしいこと。
 
 
中でも劇場版のさにでーのキックが揃うところが特に好きです。
 
 
サンシャインなら11話のようちかが最高。
 
 
 
だが、踊り出した彼女達は止まらない。
(妄想の中では)他のアーティストの曲でもダンスを披露してくれる。
 
私は主に通勤中に音楽を聴く。
歩いているときや手持ち無沙汰になったとき、無心になると頭の中で彼女達が動き出す。
誰が、どのようなシチュエーションで、どのように踊るかは、曲によります。
 
 
なぜか、
サカナクションμ’sの方が合う。
東京事変Aqoursの方が合う。
主にようまり。
 
 
 
 
◇終わりに
私はキャラを妄想の中で動かすのが癖なので、二次創作も好きだ。
特に、他人の作った世界と自分の中の世界が一致した時の高揚感は堪らない。
 
 
 
頭の中で繰り広げられるダンスも同じだ。
曲のイメージとキャラの動きが一致し、キメるべきタイミングで指先がビッとなった時、テンションが上がりまくる。
 
 

 

 
「自分の感情の昂りを表すのにマッチする」
これが私がラブライブ!を好きな理由の一つです。
 
 
 
 
 
 
最後に、ここまで読んでくれた方々にクリスマスプレゼントを。
 
 
これが
 
 
 
 
ラブライブ!サンシャイン!!スケルトンだ!!!
 

f:id:alfalio:20161215224031j:plain

 
メリークリスマス!