山椒は小粒でもピリリとkarai

これは鳥貴族 Advent Calendar 2016の4日目の記事である。

 

 


山椒は偉い。

 

 

 

鳥貴族では席に山椒が置いてあるが、これが何にでも合う。

 

焼き鳥はもちろん、煮玉子にも合うし、唐揚げにも合う。

キャベツに至っては、無限に食えるつまみと化す。

 

 

山椒の辛さは唐辛子等とは違う、痺れるような辛さである。
中華料理でいうところの「麻」である。

 

その刺激的な味が、淡白な鶏肉をより美味しくする。
その独特な香りが、食欲を促進する。

 

 

一度、山椒を買って家に置いていた。

だが、普段の料理で山椒を使う機会はなかなか無い。

結局、使い切れずに風味が飛んでしまった。

 

やはり、山椒を楽しむなら鳥貴族に限るようだ。

これからも、行くたびに山椒に手を伸ばすのだろう。

 

 

 

 

 

でも大量だと痺れすぎて味わかんなくなるので注意な。